資格はもってて損をしない

資格はもってて損をしない

MENU

資格はもってて損をしない

資格はもってて損をしない

 

今年に入ってから資格を取らなければならないなと思い、2つの資格を所得しました。私は資格はもっておいたほうが良いと思うので、自分なりに考えたメリットとデメリットを語りたいと思います。まず、資格を持っていて良いと思う所は、自分が努力した証になると思うからです。

 

勉強したらやはり結果が欲しいと誰もが思うと思います。資格は自分がきちんと勉強すれば、ほぼ手に入るものですし、また専門の知識も身に着けられることができます。もし、就職活動や転職活動に強い資格を持っていたら入社への近道にもなります。しかも、強制じゃない所も良いところだと思います。自分が好きな分野の資格が欲しいなと思ったらそれを勉強すればいいので、やらされてる感は感じないと思います。

 

そういう面で自分に対してのモチベーションUPなども期待できるので良いなと思います。一方で悪いと思う所は、時間がかかってしまうことです。勉強するにはそれなりの体力や集中力も必要になり、取得のためには時間も費やさなければなりません。忙しい人とかは寝る時間を惜しんで勉強とかしなければならないので、それなりの覚悟というのが必要になってきます。

 

また、受験料やテキスト代もかかってしまうので、学生さんは大変かなと思います。1つの資格を独学で受ける場合は1万円は飛ぶと考えた方が良いです。自分なりに良い面と悪い面を書かせてもらいましたが、資格は本当に持っていて損をするものではないので、取ってみたいなと思う方はぜひ、挑戦してみてください。

 

 

医療事務を取得 レセプト作成練習を繰り返して合格ゲット!

 

医療事務ずっと取得したいと思っていたので結婚を機に仕事を退職したこともあり勉強しようと思いました。通学か通信かで迷いましたが、専門用語も多いし確実に理解したかったので通学を選びました。週1×4時間ぐらい、3,4ヶ月のカリキュラムでした。

 

医療事務は医科と歯科があり、私は医科を学びました。テキストは医療事務のテキスト、点数表、簡易的な点数表、レセプト問題、医療事務の心得の5冊だったかと思います。点数そのものは覚えなくていいのですが、点数表に表記されている専門的な言葉、処置法や検査名などひとつひとつが一体何であるかを理解する必要がありました。

 

試験では、医療事務の知識を答える問題と実技(レセプト作成)がありました。1回目の試験では実技の点数が足りなくて失敗しましたが、その後過去問題などを繰り返し解くことでレセプトのひっかけ問題の傾向がわかり、2回目の試験で合格しました。レセプト作成とは、カルテを見て点数を拾っていき、合計点を出すことです。

 

患者さんの年齢、条件や病院の規模、受診時間、検査内容などによって加点や減点があるのでカルテをすみずみまで見て見落としがないかチェックすることが大事です。レセプトの書き方も決まっているので、最後に合計を出したあとに見落としをみつけるととても焦ります。現在、病院ではコンピュータですべて計算してくれますが、やはり医療事務の知識があるとないでは違うと思います。

 

取得して良かった点なのかどうかはわかりませんが、自分や家族が医療機関で受診したとき診療表の点数はしっかり見てしまいます。時間外の診察料は高いからやめよう・・・とか思ったり、点数計算の癖が抜けなくなっています。

 

 

社会人が目指す資格取得

 

最近では、社会人向けの資格講座ですとか資格教材というのが多種多様になってきました。社会人が資格資格を目指す背景には、現状の仕事に役立てるためや昇進のため。あるいは転職の際に有利になるため等様々な理由があります。

 

社会人に限らず、資格取得のための知識をつけるのに一番効率が良いのは講師の授業に参加することだと思います。学校の授業と同様に講師の生の声を聞くことで頭にも入りやすく、わからない点はすぐに質問できる点がメリットです。ただ、忙しい社会人ですと、講座を受ける時間がないとか都合のいい日時に行っている講座がないなんてこともあります。

 

そうした方は通信教育といった手段があります。以前の通信教育はテープの音を聞くというものでしたが、現在はDVDやネットで動画を見るような通信教育も普及してきました。家にいながら自分の好きな時間に講座と同じ授業を受けられるといった点がメリットです。授業に頼らない人は教材だけを入手し、独学で頑張るという方もいらっしゃいます。

 

独学の場合はなんといっても費用面が他より安いといったメリットがあります。資格取得に向けて様々な手段があるので、自分の使える時間やお金、向いてる勉強法を考えた上でどれがよいかを決めることが合格への近道となります。

 

宅建合格